うつ病やうつ病保険について事前に把握して不安をなくそう

サイトメニュー

精神障害年金の受け取り条件

聴診器

長期でのうつ病保険の適用は、傷病手当金の1年6ヶ月の期間が最長となります。なので、うつ病治療がこの期間を超えてしまうと自己負担額が増えてしまうことになります。ただ、それでは生活が苦しくなり困難になる人も多くいるので、そんな人のために障害年金の申請についてご紹介します。一般的にはうつ病での障害年金の認定や受け取りは難しいと言われています。その理由として挙げられるのが、うつ病は段階や状態などが数値では正確に表すことができないので、判断基準があいまいで認定がしにくくなっています。また、社会保障費などの負担を下げるのを目的に基準が厳しくなっている状況も関係しています。他にも障害年金を受け取るための判断材料として、医師の診断書などがとても重要になってきます。しかし、この医師が書く診断書というのは、患者の状態が比較的いい時のものが多く、実際に病状が悪化して受診や診察を受けれない時の状態に関しては参考にならない場合が多々あります。これらの理由からうつ病による精神障害年金の受け取りが難しくなっています。ただ、もちろん認定されるための条件もあるのでそれを説明します。まず、初診日の条件として厚生年金保険の被保険者であることです。2つ目の条件が障害認定の日に障害等級が1~3級であるということです。最後の条件が初診日の前日で、保険料納付済の期間と保険料免除の期間を足した合計が3分の2で以上であることが条件となります。なのでこの条件に当てはまる人であれば、障害年金は受け取ることが可能となりますよ。