うつ病やうつ病保険について事前に把握して不安をなくそう

サイトメニュー

うつ病保険を利用しよう

カウンセリングを受ける男性

家族を養っている大黒柱が、ある日うつ病で仕事を休むことになったらあなたはどうしますか?まずは経済的な不安を感じますよね。そこで知っておくと役立つのが自立支援医療制度です。自立支援医療制度とはうつ病などの精神疾患を患った際に、治療費の負担を減らして、国が障碍者自立支援法に基づいた支払額を負担するうつ病保険とも言える存在です。自立支援医療制度を受ける条件としては、何らかの精神疾患を治療するために心療内科などへ継続的に通院している人が対象となります。自立支援医療制度を利用することで、健康保険での3割の自己負担が1割に減額されて利用できるようになります。また、月の負担額なども世帯の所得に合わせて上限が決まるというメリットがあります。ではどのようにして自立支援医療制度を利用できるのか流れを説明していきます。まずは通院している担当の医師と相談をします。それから自立支援医療制度を利用するための申請書を役所の福祉課や保健福祉課などの窓口へ提出します。合わせて医師の診断書と健康保険証のコピーも提出します。また、所得や収入が証明できる住民税に関する資料も提出が必要になります。申請が通れば自立支援医療制度を利用することが可能となります。自立支援医療制度を利用できる期間は原則1年となっていますが、1年の期間が経過する3ヶ月前からの更新申請ができるので、医師の診断書があれば更新が可能となります。また、治療方針などに特に変更などがなければ、医師の診断書が無くても更新手続きができます。