うつ病やうつ病保険について事前に把握して不安をなくそう

サイトメニュー

うつ病のサインと原因をチェック

病院

うつ病の改善で最も大切なのが早期発見することです。うつ病は必ず何かしらのサインを発します。体調の変化や気持ちの変化などに自分自身が気づくことがとても重要になります。ではうつ病の症状としてどのようなものがあるのかを紹介します。よく見られる症状としては、意欲の低下や食欲不振、興味の消失などがあります。また、性欲の消失もうつ病の症状として顕著に現れます。他にも体の不調からうつ病を発症しやすくなる場合があります。原因として慢性的な睡眠不足や首の慢性的なこりなどがあります。意外と知られていないのが首のこりとうつ病の関連性です。首のこりの原因として現代人に多いのが、長時間のデスクワークやスマホの長時間利用による目の酷使と首への負担です。首がこるという事はそれだけ首周りの筋肉が固くなり萎縮している状態になります。それに伴い血流が悪くなり、酸素の供給率も下げてしまいます。さらにこれが原因で首回りの筋肉に乳酸が貯まりやすくなり、凝り固まってしまうという悪循環が出来上がってしまいます。ではなぜこの首の慢性的なこりとうつ病が関係しているのかというと、首のこりにより頸椎の中を通っている自律神経の働きを妨げてしまうからです。自律神経の働きが妨げられると、血圧などを調節する循環器系や消化吸収を行う消化器系、さらには体温調節機能の低下なども招いてしまいます。それにより様々な体調不調が現れ、意欲の低下や気分の落ちこみも起こりやすく、うつ病を発症しやすくなってしまうのです。これらを踏まえて、うつ病の早期発見や予防に役立てていきましょう。また、うつ病になった際に適用されるうつ病保険の種類についても事前にチェックしておくことをおすすめします。