うつ病やうつ病保険について事前に把握して不安をなくそう

サイトメニュー

うつ病で適用される保険

ハートと聴診器

現代社会ではうつ病は心の風邪として誰もがなりうる病気となっています。ただ、気になるのはうつ病になった場合の保険の適用や保証制度です。誰しもがなりうる病気なので、事前の備えとしてまずはうつ病になった場合の保険や保証制度についてチェックしておきましょう。うつ病になった際に適用の可能性がある保険として傷病手当金があります。これは適用された場合に健康保険から手当金がもらえるという制度になります。うつ病が理由で仕事を休んだ日数に対して、月の給与の約3分の2が支払われる制度です。ただ、このうつ病保険を利用して傷病手当金が支払われるにはいくつかの条件があります。1つが傷病手当金を受け取る本人が療養中であるということです。これは心療内科などでの治療を行っていることが条件になります。2つ目がうつ病により仕事を行える状態にないということです。この場合は医師からの診断書が必要になる場合もあります。3つ目が4日以上仕事を休む必要がある場合です。最後の4つ目が会社から給与が支給されていない状態であるということです。この4つの条件を満たして初めて、うつ病保険を利用して傷病手当金を受け取ることが可能となります。また、傷病手当金を受け取れる期間は、最初に支給された日から数えて1年と6ヶ月までが限度として決められています。この傷病手当金を受け取っている間に職場復帰をして、再度傷病手当金を受け取る際も含めて、1年6ヶ月の支給期間は変わりませんので注意が必要です。